読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Scrum Masters Night! in Osaka ~第1夜~ にいってきた

うちの会社から結構来てて嬉しかった!

できるだけ別の会社の人と話をできるグループにしよって思ってたんだけど。どのグループを見てもうちのメンバーがいたので、結局いつものメンバーのところに座っちゃいました。途中で高橋さんが入ってくれたので新鮮で良かった!

んでファシリテーションすることに…。大人しく聞いてようと思ってたのにな。最後は周りに何人か立って見てるくらい議論が盛り上がってしまった。

テーマは「スクラム(アジャイル)アンチパターン」。

前半

f:id:bufferings:20150130220958j:plain

アンチパターンの話をするかとおもいきや、雑談みたいになって。

残業しないのがスクラムなのか?

遅れてるときでも「スクラムなので残業をしない」と言われるときがある。それはどうなのか?

  • 残業するときはするでしょ。事業価値を提供しなきゃ。

アジャイルは単純なものには向かない?

全部分かってるんだったらウォーターフォールのがいいんじゃないの?

  • それは違う。途中で変更あるって。
  • アジャイルだと作らなくていいものを作らなくていい。

PBLはどこまで書く?

プロダクトバックログがざっくりしてるときとかあるけど、どこまで書いてる?

後半

そんなとりとめもない雑談をしてたら。高橋さんが来て「あれ?アンチパターンの話は?」って。あ、そうでしたそうでした。

f:id:bufferings:20150130221005j:plain

詳細仕様をPOに承認してもらう

これまで承認をされた作業をすることに慣れてる人は、好きなようにやっていいよって言われても承認がないと不安だったりするんかね?的な。

  • 求められたときに説明する。

ExcelでPBLだけじゃなくてSBLも管理する

SBLは変更が多いからExcel管理大変

  • SBLは付箋とペンで
  • PBLはExcelでも管理しやすいよ

個人別バーンダウン

これ、写真みせてもらって衝撃でしたww
個人の進捗がメインになってしまって、協力しなくなる。

  • チームでバーンダウン

フロントエンドとバックエンドでチームを分ける

片方がもう片方のブロッカーになったりする。

  • フロント・バックの2チームにするんじゃなくて、クロスファンクショナルの2チームにする

その2チームの情報共有はどうすんの?

  • 近くにいたら声をかけるよ

それがいいとは思うけど、仕組みにしたいなー

SMがタスクをアサインしてしまう

  • 放置・滞留してるタスクに気づいてもらう
  • 振り返りで改善

スーパーヒーローが残業

  • みんな成長してくる

コードレビューを誰かひとりがやる

  • レビューをチームでやれるようにスキルアップしていく
  • ちょっと無責任になる
  • 2人以上にレビューしてもらうようにする

ミーティングでSMが率先して喋る

誘導尋問的なのあるよね。

ドキュメント書かない

  • 書くよ。必要な分だけ。

ここ、結構議論が盛り上がりました。
僕は、運用とか引き継ぎのために必要なので、ドキュメントはDONEの定義に入れてるんですけど。
高橋さんは、毎回更新するのめんどくさいから引き継ぐときに作ればいいと思うって言ってた。

アジャイルだと早くできるんでしょ?

  • 無駄なものを作らないという意味でははやいかも
  • アジャイルの「俊敏さ」というのは動くゴールを追いかけるはやさ
  • 計画駆動の方が計画の段階でははやく見えるはず

ウォータースクラムフォール

  • いっこずつ終わらせる

僕はウォーターフォールからスクラムへの過渡期として利用しました。

まとめ

楽しかった。

詳しい内容を知りたい人は、第2回があったら参加したらいいと思います!
僕自身は、今回ので満足したので、もうしばらくはいいかなーと思ったり。

ありがとうございました

運営の皆さん、リクルートさん、楽しかったです!
ビールもご飯も美味しかったです!ありがとうございました!