読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アノテーション1個でConfig Serverを立ち上げる( Spring Cloud Config )

Spring

読んでる

bufferings.hatenablog.com

全体構成

  • 1) Front
    • Online Store Web
  • 2) Spring Cloud Backing Services
    • Config Service ←今日はこれ
    • Discovery Service
    • Edge Service
    • User Service
  • 3) Backend Microservices
    • Catalog Service
    • Account Service
    • Inventory Service
    • Cart Service
    • Order Service

早速、昨晩から気分が変わって、Config Serviceのところをちゃんと自分用にまとめておこうと思った。

Config Service

https://github.com/kbastani/spring-cloud-event-sourcing-example/tree/master/config-service

設定を一元管理するサービス。Spring Cloud Configアノテーション1個で色々やってくれるのでなんかすごいよね。

こんな感じ:

pom.xml

Spring Cloud Config Serverの依存を追加。

<dependency>
  <groupId>org.springframework.cloud</groupId>
  <artifactId>spring-cloud-config-server</artifactId>
</dependency>

bootstrap.yml

bootstrap.yml はSpring Cloud用の設定すね。今回はGithubを設定のリポジトリとして使用してるすね。

server:
  port: 8888
spring:
  application:
    name: config-service
  cloud:
    config:
      server:
        git:
          uri: https://github.com/kbastani/spring-cloud-event-sourcing-config.git

ConfigApplication.java

で、アノテーションを一個追加。

@SpringBootApplication
@EnableConfigServer
public class ConfigApplication {

    public static void main(String[] args) {
        SpringApplication.run(ConfigApplication.class, args);
    }
}

この @EnableConfigServer でConfig Serverが立ち上がる。

起動したらこんな感じ

f:id:bufferings:20160627082241p:plain

使う方は?

使う方は、Spring Cloud Starter Configの依存を追加してbootstrap.ymlにConfig Serverの情報を書くだけ。

pom.xml

<dependency>
  <groupId>org.springframework.cloud</groupId>
  <artifactId>spring-cloud-starter-config</artifactId>
</dependency>

bootstrap.yml

spring:
  profiles: default
  cloud:
    config:
      uri: http://localhost:8888

簡単だなー!

自分でアプリ作るときは、これをどう有効に使うかってのと、中身がどうなってるのかってところを考えていきたい。