読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タンスに灯り

Webサービスの運用のこととかを、ぼーっと考えたり。

何にも知らないときって、真っ暗な部屋の中で手探りで歩いてるのみたい。

足の指をぶつけてしまって初めて、そこにタンスがあることに気がつく。


そんな暗闇でも、慣れた人は、どこに何があるかを把握してるのでスイスイと進む。

そして言うん。「これくらい君たちもできるようになるよ!」

でも、その人は感覚で把握してるので、残念ながらうまく説明することができない。


ということで、その人の背中を追いかけながら、みんな、たくさんぶつかって。

あちこち怪我をしながら、どこに何があるかをだんだんと覚えていく。

最後には全員が暗闇の中をものともせずに、走り回ることができるようになる。


(∩´∀`)∩ワーイ


のだけど。

手を繋いで一緒に歩きながら「ここにはタンスがあるんよ」って教えてあげられると良いんかなって気がした。

そして、教えてもらったメンバーは、感覚で覚えてしまう前に、そこに灯りを灯しておいてあげればもっと良い気がした。

後から来た人がぶつからなくて済むように。


そしたら、後から来た人は僕達よりもっと先に行くことができそう。

広告を非表示にする