Macでgit graphのエイリアス設定せんでよくなってたっぽい?←よく分かってない

いつもはね git graph でグラフが出るようにエイリアス設定してたんだけど。んで、いつからか、うすうす気づいててたんだけど、MacOSにgitをインストールしたらデフォルトでいくつかエイリアスが入ってるっぽい?どっかにドキュメントあるんかな?

$ git alias
a    => !git add . && git status
aa   => !git add . && git add -u . && git status
ac   => !git add . && git commit
acm  => !git add . && git commit -m
alias    => !git config --list | grep 'alias\.' | sed 's/alias\.\([^=]*\)=\(.*\)/\1\  => \2/' | sort
au   => !git add -u . && git status
c    => commit
ca   => commit --amend
cm   => commit -m
d    => diff
l    => log --graph --all --pretty=format:'%C(yellow)%h%C(cyan)%d%Creset %s %C(white)- %an, %ar%Creset'
lg   => log --color --graph --pretty=format:'%C(bold white)%h%Creset -%C(bold green)%d%Creset %s %C(bold green)(%cr)%Creset %C(bold blue)<%an>%Creset' --abbrev-commit --date=relative
ll   => log --stat --abbrev-commit
llg  => log --color --graph --pretty=format:'%C(bold white)%H %d%Creset%n%s%n%+b%C(bold blue)%an <%ae>%Creset %C(bold green)%cr (%ci)' --abbrev-commit
master   => checkout master
s    => status
spull    => svn rebase
spush    => svn dcommit

この git alias ってコマンド自体がエイリアスなんやね。デフォルトのまま使うのが好きなので結構嬉しい。

git l だとこんなで

f:id:bufferings:20170627230355p:plain

git lg だとこんなで

f:id:bufferings:20170627230759p:plain

git ll だとこんなで

f:id:bufferings:20170627230901p:plain

git llg だとこんなん

f:id:bufferings:20170627230946p:plain

僕は git l が一番使いそう。

ちな、バージョンはこんな感じ。でもちょっと前からそうだった感じする。

$ git --version
git version 2.13.1

設定自体は /usr/local/git/etc/gitconfig に入ってるっぽいね。Ubuntuの方にはこういうのないし、MacOSだけなのかな?なんでなんだろう?←よく分かってない