Team

僕らのモブプログラミングは「全員でプログラミングをする」ということではなかった

## 去年の夏ぐらいからサポートしているチーム で、それまでもちょこちょこモブプログラミングを試してはいたんだけど、3月からは思い切ってそれを基本として開発をするようにした。つまり、3月からは1日中モブプログラミングをするのを毎日やってる。 プロ…

#DevOpsDaysTokyo で「サービス運用をまんなかにおいた開発」って発表をしましたー

楽しかった! DevOpsDaysTokyo 組織文化、Agile開発、自動化、ツール、とか、幅広くて、色んな話が聞こえてくるので面白いなぁ。 www.devopsdaystokyo.org 発表資料 はこちら。なんとなく英語で作ったけど、発表は日本語でやりました。 開発するときは、サー…

同じものを見てもらおう。弱さも見せよう。

とあるチームのリーダー的な人たちから「ちょっと相談したいことがあるんですけどいいですか?」って言われて「はいー。暇ですよ」って話を聞いた。 ## 相談 「実は、進捗が遅れているので、どうしたらいいかと思いまして」 うん。 「リカバリーするために、…

そのふりかえりの改善策って実現可能なのかな?

大変だったプロジェクトの反省会みたいな振り返りとかで、うまくいかなかったことだけを並べて「反省しています!次からはそうならないように、これこれといった対応をしていきたいと思います。」みたいなのをたまに見る。 そういうときに感じるのは「良かっ…

#scrumosaka スクラムフレームワークを使用する具体的な方法。僕の場合。(後編)

## 前編はこちら bufferings.hatenablog.com 前編では「1. チーム」と「2. スプリントの内側」の話を書いた。後編は「3. スプリントの外側」と「まとめ」のお話。長くなったー! ## 3. スプリントの外側 お試しスプリントで小さく試してみたときとかは良い感…

#devkan で喋りましたー「新しいメンバーがチームにやってきた時に行うこと」

devlove-kansai.doorkeeper.jp 「新しいメンバーがチームにやってきた時に行うこと」ってテーマで準備してたら「ペアプロかモブプロやっといたら良さそう」になってしまって「それもなぁ・・・」ってなってたら「そもそもみんなどういうことで困ってるんだろ…

#scrumosaka スクラムフレームワークを使用する具体的な方法。僕の場合。(前編)

「スクラムフレームワークを使用する具体的な方法。僕の場合。」というタイトルでスクラムフェス大阪で発表してきました。楽しかった。今回のは説明がある方がいいかなーと思ったので、スライドをアップロードするんじゃなくてここで紹介してみることにする…

スクラムフェス大阪2019( #scrumosaka )でお話しますー

いよいよ22日の昼からスクラムフェス大阪が始まりますー! www.scrumosaka.org 2日目(23日)の最後にお話しますー。 confengine.com 「スクラムを始めたんだけど、自分の現場で具体的にどんな風に実装したらいいかを悩んでる人」に、何かを伝えることができた…

開発チームのふりかえり

で、どんな話をしてるかなーって思ったけど、こんな感じかなーって思ったので書き出した。多いかな。 最初は事実。 やったこと 学んだこと 次は気持ち。プラスの方から始める。 良かったなって思ったこと 別に続けたいわけじゃないけど、良かったなってこと…

良い本だったよー→モブプログラミング・ベストプラクティス ソフトウェアの品質と生産性をチームで高める

## 2月23日に発売予定 解説を書かれた及部さんからいただきました。ありがとうございます! 今日届いてたのでどんなことが書いてるのかちょっとだけ読んでみようかなーって思いながら、あーわかるーとか言いながら読んでたら、サクッと読み終わってしまった…

モブワークがチームの中に溶け込んでしまうということ

## 今週は全員同席モブワーク 先週はこういうことを大阪からのリモートでやってた: bufferings.hatenablog.com 今週は東京に出張だったので、僕も入れて4人で全員同席のモブワークを実験してみた。そしたら、沢山の学びがあった。 ## 実験:モブワークが日…

チームを育てるのに7つのレベルのデリゲーションを考えてみる

この数年は色んな開発チームのサポートをしてるんだけど、最近、その中のひとつのチームに対するサポートの方法を切り替えた。「外からアドバイスをする」から「中に入って実際にやり方を見せる」に。 たまに「どうしてそこまでやる必要があるのか?それで成…

2時間スプリントでソロ、ペア、モブ、学習セッションを実験した

忘れる前に走り書き的にメモ。 ## Day0 実験の場をゲット! とあるチームのテックリードから「助けて欲しい」という相談があった。話を聞くと、プロジェクトが遅れている状況で、まだ大きく分けて3つの技術的課題が残ってて、でも、チームはその技術にあまり…

学習を日常の開発に取り込むこと

去年ぐらいから、学習を日常の開発に取り込むことについて考えている。学習は何か特別なことがあるときにだけ実行するものではなく、開発チームの中に常にあるべきものだという気がしているから。だけど、それを周りの色んな考えを持った人たちに伝えられる…

#RSGT2019 に行ってきたメモ(これにて完了)

昨日は、帰りの新幹線でさらっと感想を書いたのだけど #RSGT2019 に行ってきたメモ - Mitsuyuki.Shiiba どうもこのままではしばらく余韻に浸ってしまって、来月喋らせてもらうスクフェスへの頭の切り替えに時間がかかりそうなので。今日は感謝を込めてもうち…

スクラムを導入するときに気にしたほうが良さそうなアプローチの違い

## RSGT2019の発表の準備をしてる タイトルは「ちゃんとやってるのになんかうまくいかないスクラムからの脱出」。 confengine.com ## 「スクラム現場ガイド」を読み直してみてる ちょっと頭の中がこんがらがってきたので、気分転換に「スクラム現場ガイド」…

スクラムマスターの評価って? #RSGT2019 の好きなとこ。僕が手伝うとスケジュールが遅れる話。 #agileradio

アジャイルラジオで喋ってきたー!うれしいー!ポッドキャストもあるよ。よかったら聞いてください! agileradio.github.io トピックはこんな感じ。 スクラムマスターとか改善エンジニアの評価ってどうしてるの? REGIONAL SCRUM GATHERING® TOKYO(https://2…

およべさんとみんなとチーム開発の現場について雑談したー

##「およべさんと話をしたいなー」 「いいね」「どうせだから一般公開してやろうかー」ってところから始まったイベントで雑談してきた。 connpass.com ## みんなが主催者 みんなで色々とネタ出しをして、議題を決めて、わーって意見交換。 チームの育て方や…

「ちゃんとやってるのになんかうまくいかないスクラムからの脱出」ってタイトルでプロポーザルを出しました!

聞いてみたいなと思ってくれた方は、ハートマークのいいねの投票をポチッとお願いしますー。 confengine.com REGIONAL SCRUM GATHERING® TOKYO 2019です! ## REGIONAL SCRUM GATHERING® TOKYO 2019 2019.scrumgatheringtokyo.org 年に一回色んなところから…

エンジニアリング組織論への招待 Chapter1 思考のリファクタリングを読み終わった。

何回もいったりきたりしながら読んだ。 books.rakuten.co.jp 学びが多い。 "エンジニアリングの本質が「不確実性の削減」であることに気づかずにいると、確実でない要求仕様にフラストレーションを抱え、確実でない実現手段にストレスを感じ、確実なものを確…

たまに「スクラムが難しい」って相談があって見に行ったりする。

「プロダクトオーナーとしてやることはしっかりやってるんです」 「もちろんバックログがあります。そして、ストーリーが優先順にならべられています」 「MVP(Minimum Viable Product)も考えていて、ここまでが必須だと考えています」 「そしてこのMVPをこの…

子どもたちに学ぶチームビルディング

最近、子どもに関することをちょこちょこ書いたので、ちょっとまとめ。 子どもたちを見てて良いなぁと思うのは 「言われていることを理解してはいても、やりたくない気持ちのときは実行できない」ということ。それを素直に表現してくれる。やらなきゃと思っ…

こういうプロダクトマネージャが好き

久しぶりのブログだなー。昨日、社内の勉強会で発表したんだけど、そのときに「僕にの好きな感じのプロダクトマネージャってどんなんかなー?」ってのを考えたので、メモ。 プロデューサー 開発チーム内にはプロデューサーという役割の人がいる。プロダクト…

チームリーダーをやるときに気をつけてた「4つの混ぜない」

開発チームのチームリーダーやってたときってどんなこと考えながらやってた?って相談があって、僕がチームリーダーやってたときはこういうことに気をつけてたよ。って話をした。今は僕はリーダーは後輩にまかせて、自分はシニアエンジニア的な立場でコード…

RTCN2017・1時間スプリント・手触り・知識の共有

今年初開催となる名古屋支社の楽天テクノロジーカンファレンスに行ってきた!面白かったー!今、帰りの新幹線。僕は何かあったときに助けてねってくらいでいたんだけど、何もすることなかったし、みんな楽しんでたし、ピザとチョコとビールとチョコおいしか…

モブプロをやってみた。良さ。使いどころ。 #devkan

devlove-kansai.doorkeeper.jpモブプログラミングやってきました!面白かったー。疲れたー。面白かったー。 モブプログラミングって? チーム全員(プロダクトオーナー含む)が集まって、1人だけがコードを書いて、それがスクリーンに映しだされてて、その他の…

(´-`).。oO(Mob Programming)

Mob Programmingのことを考える機会があったので。 Mob Programming のことを知ったのはRegional Scrum Gathering Tokyo 2017のRachelの基調講演。↓のスライドのp.31のところhttps://www.slideshare.net/RachelDavies/growing-agile-practice-70951185#31お…

雑用上司

僕はWebサービス開発会社のエンジニアなんだけども。雑用は新人にお願いするんじゃなくて、上司がやると良さそう。だよなって思ってる。会議の設定とか、飲み会の幹事とか、会議の資料作りとか、そういうの。 そうすると、良さそうのは。 上司は新人より組織…

ひとかつ

つれづれと書いてしまった ひとかつ 最近、僕は、ひとり活動してる。ひとかつ。他のチームの中に「どーもどーも!」って入っていって、コードを読んでエンジニア的なサポートをしたり、チーム開発のサポートをしたりする。そんな感じ。 始めてみた 元々はチ…

#RSGT2017 嬉しい理由。口頭でしか伝えなかったこと。直前レビュー。発表後の気付き。

嬉しい理由 1/12,13は Regional SCRUM GATHERING Tokyo 2017 にスピーカーとして参加させてもらいました。スタッフの方々、見に来てくれた方々、社内でレビューしてくれた方々、色々な人に色々なことを感謝しています。みなさん、ありがとうございました!そ…