#RSGT2019 に行ってきたメモ(これにて完了)

f:id:bufferings:20190112212022j:plain:w600

昨日は、帰りの新幹線でさらっと感想を書いたのだけど

#RSGT2019 に行ってきたメモ - Mitsuyuki.Shiiba

どうもこのままではしばらく余韻に浸ってしまって、来月喋らせてもらうスクフェスへの頭の切り替えに時間がかかりそうなので。今日は感謝を込めてもうちょっと詳しく書いて、RSGT2019を自分の中で完了させておこうと思う。こんな流れかな。

  • RSGT?
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • RSGT2019
  • あとがき

## RSGT?

2019.scrumgatheringtokyo.org

よたさんが「カンファレンスじゃなくてギャザリング」って言っていた通り、セッションだけじゃなくて参加者同士の交流が中心にあるイベント。僕自身は、そこまで人との交流が得意な方ではないのだけど、ここは敬意にあふれていて、意見や立場の違う人達がお互いの違いを尊重しあう空気に満ちているので、自然と「お話したいな」って気持ちになれる場所で良い。

## 1日目

### Gabrielle Benefield - Outcome Delivery: delivering what matters

1日目のキーノートはメビウスのループと、その中で適用していけるプラクティスのお話。Left LoopがDiscoveryのループでRight Loopがデリバリーのループ。

Outcome Delivery | Outcomes over Outputs

Scrumの話をするときは右側のループに注目してるけど、言われてみると左側にもループがあるんだよな。むしろ僕はその左側のループで悩むことが多いかも。左右のループをどうバランスよく回していけるかとか、左側に開発チームやエンジニアがどう関わっていくのが良いかとかを試行錯誤してるということなんだろうな。これをヒントにもっと良いチームづくりをしていきたい。

このセッションでは隣の席の人とのワークショップがあったんだけど、たまたま隣の席が@zakky_devで「はっ!ツイッターでは見たことありますけど、はじめまして!」って挨拶できて良かった。いつも笑顔で3日間を通して相手してくれたのでほんとに嬉しかった。

### Yusuke Amano / Toshiyuki Ohtomo - チームワークの会社で最高のプロダクトを目指すチームができるまで -強くてスケールするチームの作り方-

サイボウズさんでスクラムをやり始めたチームが悩みながら、コーチのサポートを受けながら改善していった話。そういう問題が出てくるの分かるわー!へー!そうやったのかー!ってなったりしてた。大友さんの考え方や決め方は、理由や背景が分かりやすいし思い切って決断してるので好きだな。

その後、天野さんともゆっくりお話して、淡々と喋るのに信念を感じてかっこよかった。僕のやってる活動と似てることをやってて「そうそう!」って頷いてたり、サイボウズさんの組織づくりや働き方の話を聞いて「それはいいなー!」って思ったりしてた。

### Yoshihiro Yunomae - 運用中のモバイルゲーム開発チームに、並行バージョン開発を導入してみた

こちらも、一歩ずつ試行錯誤しながら改善していったお話。アカツキさんの事例。ゲーム開発って領域は全然知らないので、色々と違うんだろうなー面白いなーって思いながら聞いてた。フェーズによって担当者の忙しさが違うからバージョンをずらして速度を上げる、ってのなるほどだなー。

湯前さんはEM.FMやエンジニアリングマネージャーのコミュニティなどで知ってたのでお会いできて良かった。No Estimationに対して、見積もりのメリットも話したいな、って言ってたのが湯前さんらしくて好きだった。タコの話が聞けたのが面白かったw

### Takahiro Futagawa - スクラムチームを辞めて20人でカンバン運用してきた半年間の軌跡

エウレカさんでカンバンを運用してきたお話。カンバンって組織の作りを色濃く反映してしまうから「あれ?うまくいかんぞ?」ってなったときには組織と向き合うことになって大変だよなーと思ってるんだけど、それをvol4まで改善しつづけて進化させてるの、すごいと思った。かっこいい。

### Masayuki Tanaka / Ryoichi Nagadome / Takayuki Ono - 東名阪をまたいだLeSS Huge(大規模スクラム)においてスクラムマスターとして実践したこと

YahooさんのLeSS Hugeのお話。自分の直前のセッションだったので緊張してふわっと聞いてた。大規模で拠点をまたいでってやったことないけど、大変だろうなぁと思いながら、そんな中で色々課題に立ち向かっていってて良いなぁと思いながら聞いてた。

### 自分のセッション

がんばった。聞いてくれた方、つぶやいてくれた方、感想聞かせてくれた方、話しかけてくれた方、本当にありがとうございます。嬉しい。

### kyon_mm - 超Scrum入門〜未完成フラクタルと15minSprint〜

今回のRSGTの中で得た大きな気付きの一つが「基盤チームって人間なんだ」ってところ。

この日はずっとホールAにいて、このトラックはずっと試行錯誤の泥臭い話をしてて勉強になったなー、でも最後は、きょんさんの美しさとは何かというキレイな世界のお話だったなー、泥臭さとは反対だなーと思ってた。

のだけど、この日のビアバッシュで基盤チームのみなさんとお話をすることができた。そしたら、あぁ、人間なんだなぁって思って、そのままぼーっと考えてたら、じつはきょんさんのセッションがこの日一番泥臭いセッションだったんじゃないかと思ったのだった。

それはとても良い気づきだった。

## 2日目

初日で発表が終わったので、解放感にあふれて参加。

### クリス Chris Lucian - Learning to Experiment

2日目のキーノート。学びのための実験をし続けようというお話。そしてクリスとチームが色々実験をして手に入れた色んなプラクティスを紹介してくれた。

印象に残った言葉は「隣の芝生は青く見えるだけ」だなー。色んなすばらしそうに聞こえる話を聞いても、それと自分を比べたりせずに、自分は今いる場所から一歩を踏み出して改善していくんだよって。それと「見積もりしない」。これは、この後ずっと議論の中心になってたね。

3日目のOSTのオープニングでクリスの隣に座ったので「見積もりしないってどういう感じなの?」って話を少ししてて「この話は昨日から話題になってるし、みんな色々聞きたいと思うよ」って言ってたからかどうかは分かんないけどOSTのテーマにしてくれてカッコ良かった。

### Kazuki Mori - Effective Retrospective / とにかく楽しいふりかえり

ふりかえりについての価値や原則のお話。立ち止まって、チームを成長させて、継続して良くしていく。それと成長と学びと場。2,3分聞くだけでも分かる練習量のセッションだったなー。すごい。

森さんともたくさんお話をできて嬉しかった。色々と話を聞いてくれたり、聞かせてくれたりして、ふりかえりのプロ意識を感じた。かっこよかったなー。

### ohbarye - プロダクトの「負債」を「機能」と呼び直すために ーA/Bテストを用いた"価値"の定量化ー / Fact based decision making

負債かなと思ってた機能を、仮設を立ててA/Bテストで実際に確認したお話。面白かった。ohbaryeさんのことはエンジニアリングマネージャーのコミュニティで一方的に知ってたんだけど、3日目には天野さんと3人で組織の成長についてのお話や、その中でどんな働き方があるか、みたいなお話をできて楽しかった!

### Yosuke Ota - スクラム1年生のチームが全員でRSGT2018に参加してわかったチーム開発、はじめの一歩

スクラムを始めて数ヶ月でちゃんと問題にぶつかって、それを解決するためのヒントを得るためにチーム全員でRSGT2018に仕事として参加できるようにした、よたさんの行動力。そして、そこで得たものをを元に、個人ではなくチームとして取り組んで、なりたいチームを目指して改善していくお話。スライドは公開されてないのかな?参考にしたいので、もういっかい見たい。

よたさん、最近知り合って何度かお話してるんだけど、話が上手だなぁってのと、でもしっかりとした軸があるのとで、話をしてて心地よくてかっこいい。

### Atsuko Tsujioka - リーダーシップを一度捨ててチームの輪の中に置いた話

「それってお客様のためですか?」から始まったお話。リーダーになってリーダーシップを手放すというのはなかなかできることではないよなぁと思いながら聞いてた。「メンバーが主体性を持ってくれない」ということに悩むリーダーは多いと思うんだけど、そういう人たちが聞くと何かしらヒントになることがあるんじゃないかなと思う。良かった。

辻岡さんは以前一緒のチームで仕事をしてた後輩なんだけど、久しぶりに会ったらもうすっかり同じ目線って感じの頼もしさになってて嬉しかった。あんまり喋らなかったからまた今度話聞かせてもらいに行こうと思う。

### Takao Oyobe / Haruna Iizuka / Masahiko Morita / Megumi Tsuchihashi / Ryota Nagatomo / Saki Ota / Saki Tanaka / Takuya Uchida / Tsubasa Kanemura / Yuki Misumi - 学習する/Unlearnするチームへ ー 新卒研修とスクラムとモブプログラミング ー

泣いた。いい話だなーで帰ろうとしたら、及部さんが許してくれなくて「で、この話を聞いて僕らは何をするんですか?」と。よたさんのセッションも、辻岡さんのセッションもそうだけど、彼らが見せてくれてる成長に対して、僕はどういう成長を見せることができるだろう?ってのを問いかけられたんだった。及部さんは相変わらず最高だった。

そして、学びの再構築。これは、すごく納得のできるものだった。これは最後のクロージングキーノートの「トレードオフ」につながるものだなぁって今、思う。

## 3日目

### OST

色んなテーブル・テーマに分かれてディスカッション。入るも抜けるも自由なオープンな場。どこも面白いテーマで、しかもみんな上手に意見を出し合ってお話してるなぁって思いながら蝶をやってた(ウロウロしながらちょこっとだけ口出したりしてまわる人のこと)。

それから、その場をうろうろしてる別の人と立ち止まってお話をしたりしてて、そんな中で@yohhatuとも話をした。その後に思ったのは、今回色んなセッションを見て感動したけど、それは絶対値の高さにではなくて、純粋に向き合ってる気持ちとそれが引き起こす成長に対してだな、ってこと。僕も成長していきたい。気づかせてくれてありがとう。

### Naoyuki Ide - よなよなエール流 熱狂を生むチームづくり ~8年連続赤字から13年連続増収増益までの軌跡~

クロージングキーノート。この3日間をしめくくるのに最高のセッションだった。感動した。それと、楽天で働いてて良かったなって思った。ほんのちょっとだとしても自分もよなよなエールの力になれてると思うととても幸せ。

## RSGT2019

二年ぶりに参加したけど、今年もとても良い場だった。色んな気付きや自分に対する問いかけ、それからヒントと、何よりたくさんの方とのつながりを得ることができた。

スタッフのみなさんありがとうございました。45分のセッションだけじゃなくて、20分のセッションがあって、15分の休憩があったり、中休みがあったりするのはとても過ごしやすいし、スピーカーとしても20分にどれだけ伝えたいことを詰め込んで聞いてもらえるかを考えるのもとても楽しいです。写真も、コーヒーも、前説も、素敵でした。大好きな水曜日のネコもあって幸せでした。

お疲れ様でした!ありがとうございました!

## あとがき

印象的だったのは、基盤チームも楽天の新卒たちも15分スプリントやモブワークをしてるんだけど「スクラムってこういうものだということを、他の方のセッションを聞いて知りました」と言ってたこと。スクラムを知らずに一歩先に行ってるなんて最高じゃないか。

僕自身は、かっこいいなと思って見てる誰かと同じことができるわけじゃないけど、色んな人達とのつながりの中で学んだことを元にして、自分の周りにいる人たちと一緒にちょっとずつ良い場を作っていこうと思う。そして、それが次の人達に伝わっていくといいなと思う。そんなに深くは考えてないけど、娘たちが大人になって、もし「コードを書きたい」って言ったときに、今よりもいい場になってたらいいなってくらい。

ということで、昨日も書いたけど、僕も来週から次のアクションを起こしていこうと思う。何を選んで、何を選ばないのか。

ひとまず明日は全部忘れて子どもたちと遊んで過ごして、明後日からスクフェスについて考えていこうと思う。がんばる!

confengine.com

RSGT2019で出会ったみなさんありがとうございました!また!

#RSGT2019 に行ってきたメモ

## 発表した

togetter.com

色んな人に良かったよって言ってもらえたので喜んだ。何個かの絵は娘たちに書いてもらった。かわいいねって言ってもらったよ。助かったよ。ありがとう。

おのさんに付き合ってもらったブレストは、いっかい全部捨てたから、それってUnlearnだったんだねってなった。おのさんありがとう。よく考えたら今回も3回ぐらい捨ててる。

最後の最後にチームメイトや及部さんに見てもらって、そこでもらった意見を元に手を入れたんだけど、それのおかげで聞きやすくなった。ありがとう。

## 色んな人と喋った

Chrisをはじめとして、ほんとに色んな人と喋ることができて幸せだった。出会いもたくさんあったし、知り合いにもたくさん会えたし。最高だった。

## 気づき

なんだろうな。前で喋ってる人たちを見て「かっこいいなー」って思って、これまではどこかで「あの人達の周りはすごくかっこいい世界なんだろうなー、僕も自分の周りの世界をそういう風にできたらいいなー」って思ってたんだけど、そうじゃないんだなって気付かされた。あの人達の周りも僕の周りも最初から一緒なんだよなって。だから、がんばろうと思った。

## 次のアクション

とりあえず2つ

  • もうちょっとモブワークをがっつりやってみる
  • 神戸支社に遊びに行く

それから、まじめに働くということを捨てる。楽しかった!次はスクフェス大阪だな!

#RSGT2019 で「ちゃんとやってるのになんかうまくいかないスクラムからの脱出」って発表をします!

初日1月9日(水)の午後3:40からです!見に来てね。

https://confengine.com/regional-scrum-gathering-tokyo-2019/schedule/rich

f:id:bufferings:20190103110232p:plain:w600

RSGT2017では「結果的にスクラムになってる!なのがいいと思う! #RSGT2017 - Speaker Deck」で、方向性のお話をしたので、今年は具体的に「実際どんなことをやったのか」ということをお話します!

はがきに色々かいて考えるのが好き。結局、かっこいいことを言おうとしたやつは、だいたいボツになったや。かっこいいこと言いたかったんだけどな。

f:id:bufferings:20190103111340j:plain:w600

「できた!」と思っては、次の日に見て「なんか違う」って捨ててを繰り返して、ついったーを開いてはそっと閉じて、やっとストーリーが決まった。たぶん、もう変わらないと思う。

f:id:bufferings:20190103110500p:plain:w600

あとはこれをスライドにおこして練習しまくるのみだなー。20分だからちょっと削らないといけないかもと思いつつ。がんばるー!(๑•̀ㅂ•́)و✧

今年も楽しかった

今年は何をしてたかなーってブログをざーっと眺めてみたんだけど。結構いろいろやってたんだな。楽しかった。

  • KubernetesとかDockerとかしてた
  • 娘たちとプログラミングしてた
  • Dockercon SF 18に行った
  • Java 10, 11を触って遊んでた
  • Thymeleaf3のドキュメントの日本語訳をした
  • RubyPHPの勉強をちょっとした
  • Spring BootのReactive WebとかPerformanceとかR2DBCの勉強をした
  • チームビルディングは相変わらず試行錯誤した

今年は社外発表とかをやらないで勉強しようと思ってたのができたかな。

来年は、社外活動していこうと思う。

スクラムを導入するときに気にしたほうが良さそうなアプローチの違い

## RSGT2019の発表の準備をしてる

タイトルは「ちゃんとやってるのになんかうまくいかないスクラムからの脱出」。

confengine.com

## 「スクラム現場ガイド」を読み直してみてる

ちょっと頭の中がこんがらがってきたので、気分転換に「スクラム現場ガイド」を読み直してみてる。面白い。読んでて気づいたんだけど、副題が「スクラムを始めてみたけどうまくいかない時に読む本」だから、僕の発表のテーマと同じだ!

books.rakuten.co.jp

## どこか違う世界の話

読みながら、言ってることは分かるなぁと思いつつ、でも、物語には違和感がある。というのも例えばある人が「ペアプロ嫌だな」と思っていたとして僕の周りでは「仕事を失いたくないから」と拒まれることはない。どっちかってと「自分のスキルが見られるのが恥ずかしいから」ぐらいな感じ。環境や文化の違いなんだろうな。物語は全体的にそうで、どこか違う世界の話。

どういうところが違うのかなぁ、ってぼーっと考えて、ぱっと思いついたのはこんなの。

## 成果がでなければクビになる

本の中の人たちは、成果が出てなければ(出てないと思われたら)クビになる。日本だとクビにはならない。それが原因かどうか分かんないけど、僕の周りでは、成果よりも気持ちや頑張りを重視するタイプの人が以前は多かったように思う。「以前は」というのは、英語化をして海外出身のメンバーたちと働いていく中で会社の文化が一気に変わったから。

## 個人に与えられた役割を果たすことを重視している

そして本の中では、メンバーたちは自分に与えられた役割を果たすことを重視している。僕の周りだと、個人に与えられた役割を超えてチーム全体のために動いてしまう人が多かったかな。

## こんな雰囲気

f:id:bufferings:20181223193530j:plain

Bのところらへんがスクラムチームの居る場所な気がする。個人よりもチームとして価値を生み出すことを重視していると思う。

本の中の人たちは、AからBに遷移しているように感じた。「個人の役割の中に閉じるのではなく、チームとしてより良い成果をだしていきましょう」。

僕の周りでは、CからBに遷移した人が多いと思う。全体から個人に少し動いてるのは、ふわっとした役割ではなく役割を明確に定義することで「個人の無理な頑張りに頼って乗り越えることを減らしましょう」。それと、「頑張りではなく、成果を重要視していきましょう」。

## チームの全員がひとつのタイプというわけではない

今は色んな国から来たメンバーと仕事をする機会が多いのもあって、チームの全員が同じタイプというのは少ない。あるメンバーはAに居て、別のメンバーはCに居るという場合もよくある。日本人だけでチームを組んでてても、世代や経験の違いとかで場所はバラバラかなという気はする。

## アプローチの違い

なので例えば「このチームあまりうまく協力できてないなぁ」ってときには、メンバーそれぞれが大切にしていることを知ることから始めて、Aに居る人たちには「もっとチームとして動けるように役割を明確にしよう?」って話をするし、Cに居る人たちには「もっと無理しなくていい仕組みを作るために役割を明確にしよう?」って話をするよなーって思った。

スクラムがAの人に対して「チームワークだ!」って言うのを、Cの人が聞いて「おぉー!もっとチームワークなのか!」って、本当は左側に行くほうがいいのに、右側に移動して混乱しそう。

日本版のスクラム現場ガイドがあるとしたら、物語の内容はもっと共感できるものになりそう。

うまくいかなかった改善サポートとうまくいかなかったモブワーク #agileradio

アジャイルラジオの後半が公開されましたー!(∩´∀`)∩ワーイ

agileradio.github.io

聞いてくれたら喜びます。感想とかを #agileradio タグをつけてつぶやいてくれたらさらに喜びます!ポッドキャストもあります。

## 話題はこんな感じかなー?

  • 楽天の大阪支社のオフィスツアー
  • 振り返りから形作るスクラム
  • うまくいかなかった改善サポート
  • うまくいったモブワークとうまくいかなかったモブワーク
  • バラバラに作業すると速いのかな?
  • スクラムフェス大阪

楽しかった!

## 楽天大阪支社の様子

↓オープンスペースはこんな感じ

f:id:bufferings:20181211063231j:plain:w600

↓僕が集中してコード書きたいときはここで書いてる。たぐさんが手で「こういう部分がいいよね」って言ってたのはこの椅子の顔の横のところのことですw

f:id:bufferings:20181211063259j:plain:w600

↓写真はこちらのものを使用しました。噂の茶色のホワイトボード?の写真もあります。

www.wantedly.com

## Scrum Fest Osaka 2019

楽天もゴールドスポンサーやらせてもらうことになったスクラムフェスはこちら:

www.scrumosaka.org

セッションはRSGTと同様に公募形式です。一覧はこちらから:

https://confengine.com/scrum-fest-osaka-2019/proposals

まだ募集期間なので、ぜひみんなで応募して盛り上げていきましょうー!

僕も2つ出してるので聞いてみたいなと思ってくれた方は投票お願いします!ハートマークをポチッと。

↓こっちがRSGTと同じ内容で、これまでこういう部分で実際につまづいて・前進してきたよ、のお話で

confengine.com

↓こっちはもうちょっと具体的に僕がどうやってスクラムをやってるかのお話。

confengine.com

他にも沢山面白そうなプロポーザルが出てるから「聞いてみたいなー」と思ったやつに投票してね!

## 前半の話はこちら

bufferings.hatenablog.com

## ありがとー!

アジャイルラジオのスタッフのみなさんありがとうございました!楽しかったです!

マッタネー(๑•̀ㅂ•́)ノシ

Disposable Solutionハッカソンと後輩たちの普段とは違う顔

後輩主催の社内ハッカソンが楽しかった。

## 大阪ハッカソンやろうよ

楽天テクノロジーカンファレンス大阪のスタッフをやってた後輩が10月末のうちあげで「大阪支社で部署を超えてハッカソンをやったら面白そうだと思ってるんですよねぇ」っていうので「ふーん。じゃ、来月でいいかね。3人くらい『ハッカソンを開催したい!』と強く思う人を来週中に集めたらできるよ。僕はメインスタッフというよりは、サポートという感じで関わろうかな」って話をしてたのが、先週開催された。想像以上に面白かった。

ここは @yohhatu メソッド。僕「よーさん、また今度飲みにいきましょうよ」yohhatu「ええなー、来週いつあいてるの?」。

## 目的

「最近は大阪支社の開発部も100人を超えてるし部署も分かれてるから技術的な交流が少ない。色んなスキルを持ったメンバーがいるのにもったいない。そういう場を作りたい」というのが彼のアイデアで、僕は単に「お、それいいね」って言ってた。

ここは @bangucs メソッド。「こういうことやりたいんですよね」って話があると、僕は結構(あれやらなきゃ、これもやらなきゃ、色々大変だなー)って思っちゃうんだけど、bangucsはいつも「それ、面白そうっすね。やりましょう」って言うの。

## Disposable Solution

そこに僕からは「普段の仕事の役に立たないものにしよう」って意見を出したら同意してくれて、数日後に彼がスローガンを持ってきた。「Disposable Solution」。サイコーやね。

サービスエンジニアとサービス開発と3年後 - Mitsuyuki.Shiiba でも書いたけど、僕らは普段「サービス」のことを常に考えて仕事をしてるから、たまにはそういうのを全部忘れて技術的に面白そうなことやろうよ、って意図。

  • ハッカソンが終わった後に誰も未練なく捨てられるソリューションにする
    • 普段自分たちが見てるサービスの役に立ちそうなことは一切やらない
    • 普段の開発だと触らなさそうな技術を利用する

## ざっくり流れ

今回のハッカソンのお題が何かある方が作りやすくていいね、ってなって、じゃ「Integration」にしようと思う。って言うので「いいね!」ってなって。

くじ引きで、いつも一緒に仕事をしている人が同じチームにならないように編成して。

11月の中旬にアイデアソンを開催。半日くらい。帰り際に会った参加者に「どうだった?」って聞いたら「なんの役にもたたないソリューションを出しまくったわー」って笑ってた。

で、12月の頭に1 Dayハッカソンを開催。部署を超えて色々スキル交換してるのが見てて面白かった。

僕「ユニットテスト書いた?ニヤニヤ」みんな「かいてねーわwww」

## 発表

マネージャが「この人、ズル休みしてない?」って聞いたらSNSとかの色々なIntegrationを利用してズル休みの確率を教えてくれる動物を作ってるチームや、アプリをインストールして設定しておいたらGPSとかで自動で遅刻しそうかどうかを判別して「すみません、走って行こうとしてたら思ったより体力がなくなってて遅刻します」って色んなアホな言い訳をつけて連絡を送ってくれるアプリを作ってるチームや、ピタゴラ装置みたいに色んなアプリを無駄にインテグレーションしてアプリをデプロイする装置を作ってたチームがいたりして、ほんとどれもくだらなくて面白かった。

主催者チームはハッカソンには参加してなかったんだけど、彼らは彼らで「採点アプリ」を作って楽しんでたみたいw。

## 気をつけてたこと

僕が気をつけてたのは「意見を否定せずに、できる方法を考える」というところと「怒られるかもなぁって思うことは、僕が引き受けること」くらい。「マネージャたちもメンバーのそういうチャレンジをとても良いことだと考えている」と信頼してるのでそんなに難しくない。

ちょこちょこ怒られるかもなぁと思うところはあったけど、後輩たちが普段とは違う顔を見せてくれたので満足。またやろう。