雑記

もう大丈夫。私が来た。

最近ヒロアカ読んでる。タイトルはオールマイトのセリフ。かっこいいなぁ。 僕は、技術的にサポートしてほしいって依頼があると、開発チームの中に入って、内側から手を動かしながらサポートをするって活動をやってる。 サポートするときは難しいことはあん…

何をやりたいのかをすぐに見失ってしまう

最近、プログラミングのことよりも、頭の中のメモが多い理由は分かってる。たぶん6月末までこんな感じ。今日もそんな感じ。 宿題やりなよ 娘たちに「宿題やっときなよ」って言ってもあんまりやらない。気分が乗らないから。 でも、宿題をやる気にさせる方法…

後輩が自走できるようにサポートするぞー

この記事を読んで、自分が後輩をサポートするときはどうするっけなぁって考えてみた。例によってあんまり深く考えずに勢いで書く。誰にでもどこにでも当てはまるもんじゃないと思う。僕のいる環境の話ね。 note.com 信頼する まずは、信頼する。頑張ろうとし…

僕の中でのスクラムの定義は広い

「スクラムで開発をしているか?」 と聞かれると「うーん」ってなる。それは、あなたの中のスクラムの定義による。 そして、スクラムの定義に厳しい人だけでなく、多くの人にとって、僕のやっている開発はスクラムではないだろう。 Doneの定義が明確ではなく…

僕の頭の中にいる人たち

ちょっと前に、みわさんとせきさんとお話をした。とても心地のいい空間を用意してくれて、幸せな時間を過ごすことができた。ありがとうございました。 その中で「僕の頭の中にはお二人がいるんですよ」という話をしたのだけど、今日は僕の頭の中にいる人たち…

ちょっと良くしたいだけなのに

なんだか難しい。なんでなんだろうなー?って、恒例の(?)ぼーっと考えたシリーズ。 こういうのが頭の中に入りこんできて難しくしてるかなぁ 失敗したくないって気持ち 怒られたくないって気持ち しっかりしなきゃって気持ち 恥ずかしくて言えないって気持…

自分の気持ちの発見と切り離しゲーム

サービスの開発をしてるときには、判断の基準は「それがユーザーにとって良いかどうか」にしたい。 のだけど。 怒られたくないなぁとか、失敗したくないなぁとか、あの人の期待に応えたいなぁとか、周りに仕事ができない人だと思われたくないなぁとか。思っ…

怖がらずに意見を言うための3つの気持ち

今日の「ぼーっと考えた」。 サービスと会社のことを誰よりも考えているという気持ち。これがあると、僕の場合だとソフトウェアエンジニアという職種から見た意見として、事業長や開発部長とでも「サービスをより良くする」という観点で同じ場に立って話をす…

スクラムで開発するときに大変なところをぼやーっと

ぼやーっと書いてみようと思ったら、ほんとにぼやーっとした感じになってしまった。まいっか。 いい感じのスクラム? バックログアイテムが小さく作られてて内容が明確で スプリントの途中で差し込みもなくて開発者たちは開発に集中できて 他のチームとの依…

通らなかった意見にも意味はあったりするよね

何か意見を言ったけど結局通らなくて 「言っても無駄やったなー」って思ったりするけど 案外そんなことなかったりする 「こんなこと言っても結果は変わらないからやめとこ」って 何も伝えないままにしてしまったりするけど それってもったいなかったりする た…

できるようになってから

まずは、できるようになりたいな。効率が悪くても、時間がかかっても、まずはできるようになりたい。改善は、その次に考えたい。 まだできるようになる前から「どうやったらもっと上手にできる?」とか「もっと効率よくやろう!」とかって、気が早いというか…

ドラマやマンガの主人公みたいに

(ぼーっと書いてみる) ギリギリまで追い詰められて、もうダメかー!って思ったときに、今まで使えなかった新しい技が使えるようになって感動的な逆転勝利をおさめる。そういうの、ワクワクする。好き。 締め切りまであと1時間しかない!もう無理だー絶体絶…

ソフトウェア開発するときの兼任についてふわっと

この記事読んで、いいなぁと思ったのだった。前を向いてるところとか。その中で何を優先するべきかを整理してるところとか。 zenn.dev んで、兼任について今までふわっと思ってたのをふわっと書くだけ書いてみようと思ったのだった。 開発者として仕事をして…

気まぐれ上司

金曜日の夜は、娘の習い事のお迎えに行って、二人で自転車で帰ってくる。いつも決まった道を通って帰ってる。 でも、昨日は少し違った。お迎えに行った帰り道、娘がいつもの道を行こうとするので、とめた。「今日は、そっちじゃなくてこっちの道で帰るよ」 …

知識創造企業とアジャイル開発とスクラムと自分

気づかされる日々 最近は、海外出身の人たちと近い距離で仕事をしてて、文化の違いを感じて面白い。そういうところを気にするのか、そこは気にしないのか、とか学びながら、というか、日本人はあの部分は気にしないけど、そこは気にするってことか、みたいに…

種蒔きをして楽しみにしてる

ふと。 僕らは種蒔きをしてるよなぁって思った。 芽が出るかどうかは分かんないけど、ここに芽が出ると面白いなぁって思うようなところに種を蒔いてる。 これからくるかどうかは分かんない技術の勉強をしてみたり。 いつか役にたつといいなぁと思ってXPの本…

何かに取り組んでいるときにはステージがあるなぁ

何かに取り組んでいるときにはステージというものがあるなぁ。と思っている。 例えば僕は仕事をするときに英語を使っているけど、文法とか言い回しとか変なところがめちゃくちゃいっぱいあると思う。だけど、そこはあんまり気にしてない。僕は「英語を上手に…

聞いてくれてありがとうございます

ふりかえりの最後で「何かある人はいますか?」って聞いたときの話。 「椎葉さんにひとつ聞きたいことがあります」 はい。 「私は今、自動化に時間をかけていますが、これは正しいでしょうか?」 ほほー。というと? 「はい。自動化をするかわりに、手で作業…

「できない」の種類

やったことないからできない 誰かに「それはできないんじゃない?」と言われたからできない 時間がないからできない Q&Aサイトのとおりに書いたけど動かないからできない ちょっと調べてやってみたけどなぜか動かないからできない 結構調べて色々試してみた…

できたり、できなかったり、選んだり、選ばなかったり

通り過ぎてしまえば当たり前になってて言われるまで気づかなかったんだけど。 成長のために、自分ができてないことを知るのは大切。 でも、それと同じくらいに、自分が何をできるのかを知ることも大切。自分には何もできない!って言ってしまうのは簡単で楽…

状況をなんとかしたいときは一歩外に出てみる

自分が今いる状況をなんとかしたいなと思ったときは、その場で色々考えるんじゃなくて、自分が今いる場所から一歩外に出ると良さそう。 んで、外側で何がおこっているのかを眺めながら、あぁこういう流れだからこんな状況になってるのか、だったらこう動くと…

変化はできるだけ自然にポジティブに

この数年間は、エンジニアとして他のチームに入っていって、そのチームの改善をサポートする、という活動をしてる。 そういうときに自分が意識しているのは「自然とそうなるようにする」ということ。だって、それが例え良い変化だとしても、外からやってきた…

組織のフェーズによって求められるものって変わっていくよなぁ

もう今の会社で10年目に突入してしまってた。こんなに長く働くと思ってなかったなぁ。しみじみ。この10年間でほんとに色んなことが毎年変わっていってて、幸せなことに僕はエンジニアとして色んなチームやサービスに関わらせてもらってきた。 そんな中で最近…

ただ単に話を聞くだけっていうサポート

開発チームのサポートを依頼されて、ぼーっと眺めてたら「あぁ、これって、あの人の話を聞くだけで大丈夫だな」ってときがある。 それは、答えがその人の中にあるから。だけど、ふだんはそこにたどり着く前に攻撃されてるから守ってしまってたり。単に、本人…

パパ。私は、なんのために勉強をしてるの?

定期的に聞かれる質問。 「パパ。私は、なんのために勉強をしてるの?」 それはね、君たちが「どうしてこうなってるのかなぁ?」って思ってることを知ることができるようにするためだよ。 「へーそっか」 それは、宇宙のことかもしれないし、プログラミング…

知らない技術は怖い

AよりB、CよりD 今後の方向性を決める判断の中で「Aという技術ではなくBを採用する方がが良さそうです」とか「既存システムのCは良くないからやめてDを使うようにしましょう」とか。最近、何人か全然別の人からそういう話を聞く機会があった。 AよりBが良さ…

お花が綺麗で嬉しかったのかな?

想像をしないで聞くのって、難しい。 娘が「お花が綺麗だったんだよ」って言うのを聞いて(あぁ、綺麗なお花を見て、嬉しい気持ちになったんだな)って思ったけど、実は「それで、悲しくなった」と考えているのかもしれない。 自分の想像は、そんなふうにし…

伝えるふりかえり、聞くふりかえり

お。久しぶりの日記だ。 ## 毎日のふりかえり 最近サポートしてる人と、一日の終わりに毎日2人でふりかえりをすることにした。話を聞こうと思って。そのふりかえりをしながら、そういえば、ふりかえりのときってその対象がチームでも個人でも「伝えることを…

肯定感を持って成長していって欲しい

娘達を見てて、「まだだ!まだ足りない!掛け算はできたけど、割り算はまだ知らないだろう?」って言って育てるよりも「すごい!できた!天才!だが、僕らには大きな目標がある!だから次は割り算やろう!」って言って育てたいと思っている。 何かができなく…

役割分担

後輩たちが、(後輩にとって)新しい技術を導入してて、「動きました!テストも大丈夫でした!バッチリです!」って言ってリリースする。動くんだし、バッチリなんだし、全然問題ない。良いと思う。 のだけど、それを見ながら(たぶん公式ドキュメントの細か…