読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azure Container Service with DC/OSでアプリを動かしてみることにした

Azure

Azureを触ってみることにした

Azure上でSpring Cloud使ってMicroservicesを動かしてみたいかな。Spring CloudやるならPivotal Cloud Foundryがいいんじゃ?って気もするけど、そっち方面はいい感じになるんだろうなと思ってるので、自分の中の別の選択肢を持っておこうかなってところ。

インフラ周りは、全然分かんない

んだけど。ぼちぼち触ってみる。

何から始めよう?

んー。VM立ち上げて、そこでアプリ動かしてー、って考えるの面倒だから、Dockerのイメージをpullしてきて動かしたいな。でも、Dockerをインストールしたマシンをいっこずつ管理したりするの嫌だなー、と思ってぶらぶらしてたら。Azure Container Service with DC/OSってのを見つけたので、それ触ってみることにした。

DC/OSはMesosってものを使ってるみたい。

Mesos

Mesosは、複数のVMをまとめて1個のおっきなマシンみたいに見せてくれるっぽい。それで「その中のこんだけCPUとメモリ使わせてー!」って言って使えるぽい。環境の分離にはDockerが選べるみたいで、Dockerで作っといたアプリをそこで動かせるみたい。よさげ。

Marathon

Mesosの上で動くMarathonってフレームワークがあって、そいつを使うとWebアプリをいい感じでコントロールできるみたい。インスタンス数のコントロールとか、Service Discoveryとか。WebのUIがあるから簡単に始められそう。よさげ。

DC/OS

ということで、DC/OSは、そんなMesosを使ってるんだけど。Mesosを自分でインストールしたり設定したり、好きなMesos Frameworkを入れてみたりしてもいいんだけど、DC/OSは、色々最初からいい具合にしてくれてるってことなのかな?

Reference implementation: The Azure Container Service

こんな感じ?

SpringBoot on Docker on Marathon on Mesos on DC/OS on Azure

ふむ。面白そうだ。

触ってみる

この辺よみながら、まずはSpring Bootのアプリ起動するところまでやってみようかな。

qiita.com