読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「それぞれの現場におけるチームづくりの試行錯誤」で色んなことを考えてきました #devkan

今も色々考え中。

f:id:bufferings:20160611222131j:plain:w600

devlove-kansai.doorkeeper.jp

岩切さん!

とてかでご一緒させていただいた岩切さんが応援に来てくれました。(∩´∀`)∩ワーイ

意外にも初めてのDevLove関西だったんだってー!デブサミ西行きたいなー!

f:id:bufferings:20160611221411j:plain:w600

そして、なんと「ルビィのぼうけん」を会場の方にじゃんけん大会でプレゼントしてくれました!ありがとうございます!

books.rakuten.co.jp

僕も持ってて、娘と読んでて、最初は「少し娘には難しいかな?」と思ったんですけど、全然楽しく一緒に読みながら遊んでます。面白い!たしかに、プログラミングに繋がる感じだなぁって思います。また、その辺色々楽しんだら書こうと思います。

自然とそうなる開発チームをつくるいとなむ

僕は4月の「とちぎテストの会議04」の再演です。娘たちかわいいよ、ってお話です(違う。岩切さんも仰ってましたけど、とてかのときよりリラックスして喋ってたかな。ホームだからねw

speakerdeck.com

チームワークを左右するいくつかのこと

2番目はいろふさんのセッション。資料だけ見ても半分くらいしか分かんないだろうけど、めっちゃ面白かった。振り返りを毎週やるとか、チームのゴールとか、プランニングポーカーでDONEの認識合わせをするとか。あぁ、いいなー、今度自分もやってみようかなーと思った。

speakerdeck.com

チームになっていく時の衝突とどう向き合うか

3番目は中村さんのセッション。「チームの成熟にはあまり関心が払われていない」ってのは分かるなぁ、人月で計算してる人には分かりにくいだろうなぁ。根本的な帰属の誤りとか、期待をすり合わせるとか、視座を高く持つとかは、僕が感覚でやってることを言葉で上手に説明できてすごいなぁって思ったし。あと、道具箱も面白かったな。いくつかやってみようかな。

speakerdeck.com

からのディスカッション

Q&Aみたいなディスカッション。なんかみんなの色んな悩みが聞けて面白かった。他の2人の回答も聞けて、なるほどなーって思ったりしたし。僕も今ちょっと悩んでると思うんだけど、ちゃんと言葉にできるほどには向き合えてないので、誰かに相談してみようかな。

こういう勉強会に参加してるメンバーは、そもそも技術に興味があったり、何かを改善しようとしてたり、でみんな前に進んでるので、やっぱりエネルギーをもらえていいなと思ったのであった。見に来てくれたみなさん、スタッフのみなさん、会場提供してくださったYahoo! JAPAN 大阪さんありがとうございました!